TOP


配信スケジュール

STORY

「みんな、魔王打倒の次は、
日本国民を元気にしよう!」

異世界アナストウェルで魔王軍を倒した勇者一行。
魔王打倒を果たしたので、スローライフを送りたい勇者たちだったが、
どこへ行っても英雄扱いされるため、気が休まらない生活を送っていた。
そんな勇者たちは、自分たちのことを知らない場所ならと考え、
異世界で長期休暇を過ごすことにする。

そうして異世界転送された勇者たちは、日本へとやってきた。
各々、高校に通ったり、バイトをしたりと、自由な生活を始めた勇者たち。
しかし、異世界アナストウェルと違い、
こんなにも文明が発達している日本の国民に元気がないことに気付く。
魔王に支配されているわけでもないのに、ほとんどの人の目が死んでいて、
うつむき加減で、覇気がないのだ。

これを見過ごせない勇者は、日本国民を少しでも元気づけるために

VTuber活動を始めることにした!

MEMBER

姫川セリナ

『元勇者』17歳

魔王を倒し世界を救った英雄。さらにエイランド王国の第三皇女。しかし、その立場に似つかわしくない親しみやすい性格で、庶民的。元勇者らしく使命感が強いが、真面目すぎるせいかメンタルが弱い。

小さな島国ではあるが、神の国と呼ばれ、他国に強い力を持つエイランド王国の第三皇女。エイランド王国は海に囲まれているため、魔王軍の侵攻が遅れ、被害も少なかった。そのため他国より戦力を蓄えることができた。
王は男性が継ぐ伝統のため、セリナに王位継承権はない。さらに第一皇女、第二皇女もいるため、セリナは比較的自由に育てられた。双子の妹、ジュリアンナがいる。
幼い頃から武術に興味を持ち、すぐ剣技においては敵うものがいなくなる。また天才宮廷魔術師のリサに魔法も教わり、一通りの魔法を使うこともできる。
エイランド王国が四天王の一人であるガープ率いる魔王軍の一派に襲撃された際、一騎当千の活躍をし、ガープを倒し、国を護ったときから勇者と言われ始める。

天ノ川リサ

『元・宮廷魔術師』16歳

ありとあらゆる魔法を使いこなす天才宮廷魔術師だったが、元々の研究気質が祟り、オタク文化にどっぷり染まってしまう。セリナとは幼馴染みで、かわいい女の子が好き。

5歳の頃からエイランド王国の宮廷魔術師として働く。両親とも宮廷魔術師であり、魔術師のエリートである。誰も読めない魔導書を読み解き、新しい魔術をいくつも完成させ、国に貢献する。
研究にしか興味が無く、人と会話することもほとんどなかったが、ある日研究所に来た姫であるセリナに話しかけられてから、彼女に懐くようになる。
当時は魔法とセリナ以外に興味が無かったため、世界を救うことにも関心がなかったが、尊敬するセリナに誘われ共に旅に出る。体力はあまりない。

綾瀬マリー​

『元・僧侶』15歳

異世界では僧侶として神に仕える身であり、清純であったが、現代日本のファッションに惚れ込み、口調とノリまでギャル化する。一番ノリノリでYouTuberになる。

アゼリア教の教会の前に捨てられていた子だったが(異民の血が流れているため捨てられたのではないかと推測される)司祭たちによって大切に育てられた。そのため生まれに引け目はない。
我が子以上に大切に育ててくれた教会に感謝し、心身共に神に身を捧げ、つらい修行にも誰よりも打ち込んだ。その姿勢は同じ僧侶仲間にも一目置かれている。
そのかいもあって若くして回復、蘇生系の術のエキスパートになり、教会からの推薦で勇者パーティーに加わることが決まる。しかし聖書を独自解釈して、必要とあれば禁術にも手を出す異端なところもあった。アナストウェルでは忌み嫌われているネクロマンサーの技もこっそり使いこなす。

ミア

『元・アサシン』15歳

最年少。元暗殺者らしく異世界では全身を隠す服を着ていたが、休暇中の日本で顔を出すようになってから、男女含めちやほやされるようになる。その落差のせいで、アイドルになり、みんなにガチ恋させることが使命だと思い込む。

エイランド王国直属の暗殺集団『ハサン』の一員。『ハサン』は主君には絶対服従であり、命令とあれば自分の命も捨てることも厭わない集団。国民には明らかにされていない。
ミアには名前は与えられておらず、№4と呼ばれていた。「ミア・ハサン」は組織の女が便宜上使う名前である。
ミアはあらゆる武器を使いこなし、戦闘能力も組織随一のレベルだった。が、感情を殺しきれない、かつ隠密行動が苦手という暗殺者としては致命的な欠点があり、処分されるところだった。
それを知ったセリナがミアの命を助け、『ハサン』から脱退させ、仲間にした。
その恩があるため、魔王を倒すまでセリナを主君とし、絶対服従していた。

はじめリーゼ

『元・賢者』たぶん16歳

異世界では東方の三賢者の一人と言われ、伝説上の存在だった。しかし崇める対象であるために友達はいず、それを相談する相手もいず、ただひたすら寂しく思っていた。
日本に来て普通の扱いをされることを喜び、YouTuber活動を通じて友達を作ることにした。

東方の三賢者の一人とされる伝説上の存在。世間では実在するかも不明とされていた。
アナストウェルの東方の国、ダーケン国にある巨大な塔、デスクレスの塔の最上階に住む。デスクレスの塔は常に霧に覆われた中にあるてっぺんが見えない高い塔で、伝承では人間にはたどり着くことはできず、天界に繋がっているとも言われている。
(実際は結界により中に入っても同じ場所をぐるぐると回ってしまい、最上階にたどり着けない。リーゼが住む塔の最上階には緑が溢れており自給自足が可能)
リーゼは物心が付いたときから塔の最上階にずっと一人で暮らしている。出所は完全に謎で、両親を知らない。神か天使の血が混じっているのではないかとも言われている。
溢れかえるほどある本から知識を得、独学で魔法を学ぶ。塔から人間を観察し、世界の危機を見ていたが、生涯孤独なリーゼは人とどう接して良いのか分からず、下界に降りることはできなかった。
(時折魔法を使い、声を下界に届けアドバイスをしていた。そのため賢者と言われるようになる)
その境遇を聞いたセリナたちに下界に引っ張り出される。
強力な魔法を使うが、戦闘経験はほぼ無いため後方専門。

有澄 シビル​

『元・戦士』17歳

最年長。スタイル抜群の癒やし系元戦士。異世界ではその戦い振りから鬼神と呼ばれ魔物だけでなく人間にも恐れられていたが、魔王を倒したことですっかり牙が抜け、むしろ母性溢れる雰囲気になる。日本で過ごした結果、最も癒やしを与える存在はジャパニーズメイドであると結論を出し、その格好でYouTube活動をする。セクシーな格好のくせに、下ネタは恥ずかしがる。

最強の重装歩兵軍を誇るラケダイ国の出身。ラケダイ国はエイランド王国の属国。
シビルはその資質を評価され、幼い頃から親元を離れ戦う為に育てられる。12歳から重装歩兵軍に所属し、14歳の頃に最も勇敢な戦士に与えられる称号、『鬼神』を与えられる。
シビルは軍に属する自分に誇りを持って生きていたが、魔王軍の卑劣な策により、重装歩兵軍は壊滅状態になり仲間のほとんどと死別する。
復讐のため単身魔王軍に特攻して、絶体絶命の状態になっていたところを、セリナたちに助けられ、それからパーティーに加わる。
主に扱う武器は大剣と斧。剣技ではセリナにわずかに劣るが、力押しでは上。使える魔法はごく簡単なもののみ。

CONTACT

お問い合わせ、動画へのリクエスト、メンバーへの応援はこちらへどうぞ。

メンバーへのプレゼント・お手紙の送付先住所

〒333-0861
埼玉県川口市柳崎4-24-1 ブルバール参番館210
「勇者ズム!」運営チーム 宛